そこでしか出会えない本屋と本の魅力

【書評『全国 旅をしてでも行きたい街の本屋さん』】


旅をしていると、その場所でしか出会えない風景や食べ物があるが、わざわざ本屋さんに足を運ぼうとする人は少ないかもしれない。しかし、本屋さんはその場所でしかない本や魅力ある空間も少なくない。『全国 旅をしてでも行きたい街の本屋さん』はそんな旅先で足を運んでみたい本屋さんを紹介している。




「本は人生のおやつです!!」という大阪にある本屋さんでは、「読書カウンセリング」という独自のサービスを行っていることが特徴だ。北海道にある「いわた書店」でも似たサービスを展開している。それが「1万円選書」というサービスだ。このサービスは2018年にNHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」でも取り上げられた。


「さわや書店 フェザン店」は岩手県にあり、本への熱い思いが特徴的な本屋だ。店内はおすすめの本に対する情熱的なポップやパネルで埋め尽くされている。810円で販売された中身のわからない「文庫x」という商品でもブームとなった。


神奈川県の鎌倉にある仕掛け絵本の専門店が「メッゲンドルファー」だ。仕掛け絵本を豊富に取り扱っており、仕掛け絵本の歴史や作り方までも学べる空間になっている。


温泉で有名な箱根にあり「本のある暮らし」をテーマにしているのが「箱根本箱」だ。宿泊部屋にも本が置かれており、部屋ごとにラインナップも変わる。そのため、宿泊するたびに新しい本に出会えるかもしれない。カフェやワーキングスペースに至るまで全ての空間に本があるのも特徴的だろう。


長野郊外、森に囲まれた場所にあるのが「Guest house&茶房 読書の森」だ。ここでは文学や自然に関する本が多く置かれ、落ち着いた空間で本を楽しめる。定期的に音楽イベントを行っており、海外の観光客も多く訪れているようだ。


山口県、人里離れた場所にある「ロバの本屋」。古民家を修復してできた空間で、コーヒーやパン、おやつを楽しみながら、贅沢な時間を過ごせるだろう。県外からも人が訪れる、隠れた人気スポットだ。


長野県野尻湖にある「ゲストハウスLAMP」では、自然やアウトドアの本、小説や写真集も取り扱っている。本でアウトドアに関する知見を得られるだけではなく、これまでにはない本との出会いもあるかもしれない。


『全国 旅をしてでも行きたい街の本屋さん』には全国185軒、ここでは紹介しきれないくらい、個性的な本屋や本にまつわる空間が紹介されている。あなたの住んでいるところから通えるところにも、そのような本屋はあるかもしれない。新しい本屋との出会いのきっかけになるのではないだろうか。




閲覧数:2回